医療技術職

臨床検査科

基本理念/方針

基本理念

病院基本理念に立ち地域の皆さんに安心・信頼される臨床検査科を目指します。

基本方針
  1. 精度の高い正確・迅速な検査に努めます。
  2. 安心で安全な医療の提供に努めます。
  3. 積極的に業務改善に努め、病院内での業務連携を図ります。
  4. 医学の進歩に対応した知識と技術を習得し、質の高い検査情報を提供します。
  5. 経営効率を高めるよう創意工夫に努めます。

国際規格ISO15189認定取得について

飯田市立病院臨床検査科は、2019年2月19日付で公益社団法人 日本適合性認定協会から臨床検査国際規格ISO 15189の認定を受けました。(有効期限2023年2月28日)

臨床検査は、血液や細胞の検査、感染微生物の特定など疾病の診断の前提となるものであり、正確で精度の高い検査が求められます。ISO15189はこれらの品質や能力を有することを第三者機関が認定するものであり、当院は県内の病院として初めての認定となりました。この認定により、品質・精度が保証された検査の提供が可能となり信頼性の向上が図られます。

今回の認定取得がゴールでなく、これからもISO 15189の規格に従って検査精度と品質管理の維持向上に努め、地域の皆様に良質な医療を提供してまいります。

*ISO 15189について

ISO 15189は国際標準化機構(ISO)による臨床検査室の品質管理に特化した国際規格であり、「品質マネジメントシステムの要求事項」と「臨床検査が請け負う臨床検査に応じた技術能力に関する要求事項」の2つから構成され、検査結果の精密性や正確性、検査の所要時間、臨床医・患者さんへの対応などが審査の上認定されます。全国では171施設が認定を受けています。(認定書)

資格等

  • 緊急臨床検査士 14名
  • 細胞検査士 3名
  • 超音波検査士 5名
  • 糖尿病療養指導士 3名
  • 消化器内視鏡技師 1名
  • 臨床検査士(細菌) 1名
  • 認定病理検査技師 3名
  • 認定心電検査技師 2名
  • 認定輸血検査技師 1名
  • 認定認知症検査技師 2名
  • 特定化学物質作業主任者 3名
  • 毒物劇物取扱責任者 1名
  • 長野県DMAT 2名
  • 日本DMAT 1名

実際に働いている人の声

臨床検査は診断・治療の第一歩であり、それだけに精度の高いデータを迅速に出すことが重要となってきます。このようなことを実行するには多くの知識・技術であり、検査の質の向上を目指して日々励んでいます。私たちが出した検査結果がよりよい医療につながっていることを実感する時の喜びは、何事にも代え難いものです。 まだまだ学ぶことばかりの私ですが、優しく頼もしい先輩方とあたたかい雰囲気の職場に支えられ、日々努力をしています。

 

 

業務の内容はこちら

平成30年度職員採用試験実施状況