初期研修医

INTERVIEW
初期研修医
宮澤 麻美 先生

簡単な自己紹介をお願いします。

初期研修医2年目、浜松医科大学出身の宮澤麻美です。
将来的には麻酔科を希望しています。

初期研修先に飯田市立病院を選んだ理由を教えてください。

出身が飯田市ということもあり、はじめから研修先の候補のひとつとして飯田市立病院を考えていました。実際に病院を見学してみて、医局の雰囲気がよいところ、勉強会など教育面が充実しているところに魅力を感じ、当院に決めました。
当直には上級医の先生がバックアップについてくれるなど、サポート体制がしっかりしていることも理由のひとつです。

実際に研修を受けてみた感想は?

あっという間の2年間でした。つらいこともたくさんありましたが、それらを乗り越えられたことは自信になったと思います。
医局には研修医と指導医の先生方のスペースがあり、困ったときはカルテを打ちながら隣に座って相談することもできて、非常に助かりました。

1日の流れや休日の過ごし方を教えてください。

科によって1日の流れは違いますが、今は7:00から採血、週に2回は7:30から勉強会があり、その後各自担当患者の回診が始まります。
夕方には、他職種や上級医の先生方が勉強会を開いてくれることもあります。
休日は実家に帰ったり、ランチをしたりして楽しんでいます。

今後のキャリアプランや目標を教えてください。

研修修了後は、大学病院に戻って麻酔専門医を目指すつもりです。

これから当院での研修を考えている方々へメッセージをお願いします。

飯田市立病院で研修を受けて後悔することはないと思います。ぜひ一度、病院見学に来てみてください。