医療技術職

臨床工学科

基本理念/方針

院内にはさまざまな高度医療機器が設置されており、臨床工学技士が多くの分野で活躍しています。臨床業務や医療機器保守点検業務以外にも臨床工学技士として、医療安全推進委員会・医療機器適正使用推進委員会・呼吸ケア委員会・院内感染防止対策委員会にも所属しています。

現在、臨床工学技士は9名が勤務しており透析分野に5名、手術室・一般病棟全般に4名が配属されています。各分野で透析技術認定士・体外循環技術認定士・高気圧酸素療法認定士・呼吸療法認定士などの資格を取得し業務に励んでいます。

臨床工学技士は通常勤務のほかにオンコール(待機勤務)があり、365日24時間体制で緊急時の対応をしています。

実際に働いている人の声

当院では最先端かつオリジナルな医療機器管理システムを導入しており、多く存在する医療機器を円滑に回るよう管理しています。また、日々進歩し続ける医療機器を適切に操作できるよう研修等にも数多く参加しています。チーム医療の一員としてさまざまな職種とコミュニケーションを取り、院内で活躍できるよう日々業務に励んでいます。

業務の内容はこちら

平成30年度職員採用試験実施状況