専攻医

麻酔科(プログラム責任者)挨拶

麻酔によって意識をなくされた患者のために、すべての医療行為が適切に行われているかどうかを見守っています

麻酔は、いかなる手術においても除痛の目的により、かならず必要とされます。手術を受ける患者や家族には、麻酔科医は痛みを取る医師という認識だけがあるようです。

しかし、麻酔科医は手術が無事に遂行されるために手術患者の全身管理に携わっており、その上、麻酔によって意識をなくされた患者のために、すべての医療行為が適切に行われているかどうかを見守っています。

原 克実(副院長)

手術を行うのは外科医ですが、その手術をトラブルがないように陰でささえているのは、実は麻酔科医なのです。また、全身管理や蘇生術にたけているため、急変時には各科から応援を求められます。

麻酔は、意識を消失させる、呼吸を止める、筋肉を弛緩させる、反射を抑制する、知覚・運動神経を麻痺させるなど、人間の生理的バランスを崩すため、一歩間違えれば生命を脅かす医療行為です。したがって、麻酔科医には専門性の高い知識と技術の両者が不可欠です。

また、麻酔科医は前述のように、麻酔により患者の意識が消失している間は患者の人間としての権利を守る義務があり、患者の全てを代行します。このように、麻酔科医は他科の医師が経験しない重要な使命を担って業務に当たっています。