専攻医

副院長(プログラム責任者)挨拶

内科を志す皆さんへ、内科に興味はあるけれど躊躇している皆さんへ

内科は全人的な診療を行う科です。

内科診療では学生時代・初期研修医時代から蓄積してきた知識を最大限活用し、あらゆる病態に対応していきます。あまりにも広大な領域と不安を覚えるかもしれません。
でも心配は要りません。当院の豊富な症例数と経験豊かな上級医たちが皆さんの内科専門研修を支えます。一つ一つの積み重ねで確実に内科医としての実力が身に付きます。
飯田市立病院は長野県南部飯伊医療圏の中心的急性期病院ならびに地域医療支援病院として信頼を得ており、救急患者、他医療機関からの紹介患者、各領域の専門診療を必要とする患者などあらゆる状況に対応しています。地域にて医療を完結する基幹病院としての役割のほか、信州大学の連携病院として患者さんがより高度な医療を受けられるように環境を整えています。

中村 喜行(副院長)

一般的疾患から大学病院レベルの診療を必要とする疾患まで皆さんは幅広く経験できます。また、内科系学会の指導施設認定を多数受けており、総合内科的研修と並行して臓器別専門領域の研修を行うことが出来ます。内科系各科が密接に連帯していることはもちろん、外科系各科との連携が円滑に行われていることも当院の特徴の一つです。
皆さん、ここ飯田市立病院で研修してみませんか。